シンプルな袴で、清楚に決める

式を彩る袴の魅力

袴や振袖の着付けについて

袴や振袖の着付けについて 着物を着る機会が少なくなった昨今ですが、成人式や披露宴等では、着物を着ている若い女性を見かけます。
振袖は未婚女性しか着ることが出来ない物ですから、一度は着てみたいですね。
一昔前は、「着物を一人で着ましょう」というキャッチフレーズを付けた着付け教室が多くありました。
実際、美しい着こなしで着るのには、経験を積まないと難しいです。
それでも、着付け教室で学び、何度かの試験を受けて着付けの技術を身に着ける人もいます。
今は、お嫁入り修行で習う人はほとんどいませんが、浴衣位は自分で着てみたいという願望はあるようです。
大学の卒業式では、袴を着る人が多く、振袖とセットでレンタルをするようです。
袴の着付けは難しそうですが、振袖を少し短めに着て、帯も簡単に結ぶものですから案外楽かもしれません。
振袖を着る方が、着せる方も大変です。
帯や帯締め、帯揚げ等にも気を使い、帯を結ぶのが大変なのです。
着物は日本の誇れる文化なのですから、着物を着る機会を増やしたいですね。

卒業式に袴のレンタルもおすすめです

卒業式には正装が必要となってきます。
男女問わず最後ぐらいはしっかりと決める為にも袴を着るようにするのが、一般的です。
実際に買い求めるには、高価な物で着る回数も数年に一回ぐらいですので、購入するには少しもったいない気がします。
そこで利用するのが、袴のレンタルになります。
レンタル料もそこそこしますが、買い求めるよりかは、負担が軽くなります。
またレンタルの場合には、着付けもしっかりとやってもらえるので楽になります。
そのほか髪型のセットまでしてくれたりもします。
また記念撮影もしてくれるといったサービスがある所もあり、大変便利に利用する事が出来ます。
卒業式は他の場所と重なる事があって、自分の一番気に入った袴を予約する事が出来ない時もありますので、予約をする時には、早い時期に行うようにした方が良いです。
ギリギリになってからだと残り物の中から選ぶことになるので、気に入った物が無い場合もあります。
袴のレンタルは色々な意味でおすすめです。

新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい保管方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

購入とレンタル
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

ズボン状の袴
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

レンタルと購入はどちら?
の情報を更新しました。

「袴 卒業式」
に関連するツイート
Twitter