シンプルな袴で、清楚に決める

式を彩る袴の魅力

袴にブーツでハイカラに!?

袴にブーツでハイカラに!? 明治・大正時代の女子学生には、袴にブーツを履いてハイカラな姿で通学している人もいました。
現代では学校には制服が大体定められていて、たまに私服通学が認められている学校もありますが、わざわざ袴を着る機会はほとんどありません。
現代では学生時代に着るとしたら、大学の卒業式位です。
卒業式のスタイルは着物に袴に草履を履いて、髪はキャバクラ嬢のように結い上げた髪の人をよく見かけます。
似たような恰好の人が多いので、せっかくの式典の場でも目立つことはできません。
そこで、漫画の「はいからさんが通る」で見たことがあるようなハイカラなスタイルをおすすめします。
着物に袴を着て足元はブーツを履き、髪型はロングの黒髪を垂らして大きなリボンをつけるというスタイルです。
ブーツの色は黒や茶色を選び、踵は低め・太めを選びましょう。
着物の色も清楚で抑えめの色を選び、髪につけるリボンも着物に合わせた色柄で手作りすると一体感が出て素敵です。

袴でブーツはいつから?

いつ頃に袴でブーツを履くようになったかと言うと、明治の中頃になります。
この時代では、自転車に乗る女性が増えた事でいつでも動きやすくペダルを動かしやすいブーツが好まれています。
また、盛んに西洋文化の流入によって社会に出る女性が増え、着物よりも袴スタイルを好む女性が多くなります。
結果として、動きやすいスタイルに変化していく事になります。
現在では卒業式で袴を選ぶ時に、ブーツか草履かを選ぶ事が出来ます。
ブーツの形状や素材などによるデザインにはその時代の流行もありますが、多くの場合は革製のブーツを選ぶ事が多いです。
また、色も渋みがある濃い目の茶色が基本となります。
袴のレンタルをする場合には、履物がセットになっているか、単体でレンタルし履物だけを自分で購入するコースもあります。
セットの場合には、その時代の流行に合ったデザインや形状のブーツを選ぶ事が可能ですが、なるべく主張しすぎないデザインや色を選ぶ事が失敗をなくすポイントになります。

新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい保管方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

購入とレンタル
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

ズボン状の袴
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

レンタルと購入はどちら?
の情報を更新しました。

「ハイカラ」
に関連するツイート
Twitter