袴選びのポイントとレンタルについて

式を彩る袴の魅力

袴選びで知っておくと便利なこと

袴選びで知っておくと便利なこと 卒業式や成人式などに、袴を着ようと思っている人は多いのではないでしょうか。
袴は、小振袖か振袖を合わせるのが定番となっており、レンタルでも様々なデザインやカラーの種類があります。レンタルの場合は、購入することを考えると価格もだいぶ抑えられ、後々使うことを考えて選ぶ必要もないので、自由に自分の好みを出せることが魅力といえます。
しかし、人気の柄の着物は、すぐに予約が入ってレンタルできなくなるので、早めに予約する必要もあります。パンフレットや、インターネットで調べながら、だいたい10月以降から下見に行くことがおすすめです。
しかし、種類の多さにどれを選べばいいか迷った時は、お店の人に相談すると袴や振袖はもちろん、小物までコーディネイトしてくれる場合があります。袴を着たときの、履物として草履が王道ですが、大正ロマンの女学生を意識してブーツを着用する人も中にはいます。ブーツは、防寒対策や、雨や雪などの時に足が濡れる心配がないのがメリットです。
レンタルする際は、事前にカラーや雰囲気をモデル写真などで確認し、おおよそのスタイルを決めておくとお店に行ってもスムーズに予約できます。
大切な記念日を、最高の晴れ姿で迎えられるよう準備は怠らないようにしましょう。

卒業式の袴はレンタル?メリットは?

卒業式に袴姿で出席したいという女子は多いものです。自分で購入しても卒業式以外では履く機会もあまりないためレンタルを利用する人が多いのですが、レンタルのメリットはどんなものがあるのでしょうか。
まずは袴を購入してもそれ以降履く機会はほとんどないと考えられます。購入してしまうと使用した後にはクリーニングや保管場所などが必要となりますが、レンタルならばそれも必要ありません。
また、成人式などで着物を作っている場合、それを着て袴だけをレンタルすれば費用は10000円程度で済み、経済的でもあります。レンタルをしたお店によっては、草履や襦袢、羽織やバッグなどがセットになっていたり、レンタルをした人専用でさらにお得にレンタル出来ることもあります。デメリットとしてはやはり借り物のため、汚さないように気を使わなければなりません。
またレンタルの日数が4泊5日程度のものが多いため、事前に袴を履いて記念写真を撮ったり、着慣れない着物を着ての動きなどをシュミレートするようなことも難しいものです。
また、卒業式は日にちは違っても3月に行われるため、早めに予約を行わないと自分の本当に着たいものが着れなくなってしまいます。

「袴」に関する情報リンク

全国宅配を行う袴レンタルのサイト

卒業式 袴

新着情報

◎2017/11/17

袴や着物の正しい保管方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

購入とレンタル
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

ズボン状の袴
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

レンタルと購入はどちら?
の情報を更新しました。

「袴 レンタル」
に関連するツイート
Twitter